2010年03月02日

<訃報>中村寛一さん87歳=元百十四銀行専務(毎日新聞)

 中村寛一さん87歳(なかむら・かんいち=元百十四銀行専務)23日、肺炎のため死去。葬儀は25日正午、高松市上福岡町2017の2のエレナホール上福岡。喪主は長男修一(しゅういち)さん。

「政治とカネ」の説明大事=平野官房長官(時事通信)
人柱アリス
<雑記帳>歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)
posted by オヤマダ マサオ at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄塔倒壊事故 関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)

 福井県美浜町の山中で08年9月、建て替え中の関西電力の鉄塔が倒壊し、関電の協力会社の作業員2人が死亡し2人が重傷を負った事故で、福井県警は28日、業務上過失致死傷容疑で鉄塔を設計した関電電力システム技術センター(大阪市北区)を家宅捜索した。

 この事故で同県警が関電組織を家宅捜索するのは初めて。捜査関係者によると、県警は押収した資料などから同社社員らの過失責任を詳しく調べ、立件の可否を判断する。

 同センターは関電本店の一組織で、発電所以外の電力設備の建設、設計を担当。センターが入るビルには午前9時45分ごろ、捜査員約40人が訪れ、捜索は午後7時まで続いた。同県警は、鉄塔の破断面などを専門機関で鑑定、関係者から事情聴取するなどして、工事に問題がないか捜査していた。

 一方、関電は独自に原因究明し、鉄塔が工事の過程で片側だけに送電線を張った状態になったために荷重が偏り、一部の鋼材が強度不足で破断し倒壊した、とする調査結果を08年12月に経済産業省に提出。工事前に強度計算をしていなかったことも認めている。

 捜索を受け関電は「すべての事業活動で安全を最優先にすべく、全社一丸となって取り組む」とのコメントを出した。【幸長由子、佐藤慶】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
私のスタイル:関西電力広報宣伝グループ・チーフマネジャー、槙山実果さん
東北電力:伐採木で火力発電燃料、来年5月に試験導入 /宮城
冬山訓練:送電線事故に対応−−田代平 /青森
つり掛け式貨車輸送:150トンの変圧器、専用貨車で−−三菱電機赤穂工場 /兵庫

【邂逅 カルチャー時評】赤瀬川原平 スノボーのズボン(産経新聞)
<非常上告>赤切符誤交付 確定判決取り消し求める 検察(毎日新聞)
<エンデバー>米ケネディ宇宙センターに帰還(毎日新聞)
ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕−香川県警(時事通信)
長崎知事選敗北を陳謝=「政治とカネ、プラスに働かず」−小沢氏(時事通信)
posted by オヤマダ マサオ at 04:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。