2010年03月17日

常勤看護職の離職率が5年ぶりに減少(医療介護CBニュース)

 2008年度の常勤看護職員の離職率は11.9%で、5年ぶりに減少したことが、日本看護協会(日看協)の「2009年病院における看護職員需給状況調査」の結果速報で明らかになった。3月16日に開かれた日看協の記者会見で、小川忍常任理事が公表した。

 同調査は、病院で働く看護職員の需給動向を全国的規模で把握するため、日看協が毎年実施している。昨年は10月1日から16日にかけて、全国8793病院の看護管理者を対象に実施。3495病院から回答を得た。

 それによると、08年度の常勤看護職員の離職率は前年度比0.7ポイント減の11.9%で、5年ぶりに11%台となった。また、新卒看護職員については8.9%で、0.3ポイント減少し、初めて8%台になった。
 都道府県別に常勤看護職員の離職率を見ると、大阪の16.4%が最も高かった。以下は、東京(15.7%)、沖縄(15.6%)、兵庫(15.5%)と続いた。一方、最も低かったのは富山で6.4%。また、岩手(6.6%)、山形(6.9%)も低かった。
 また、届出入院基本料別に新卒看護職員の離職率を見ると、「15対1」が11.8%で最も高く、「13対1」10.9%、「10対1」10.7%、「7対1」8.3%と、看護配置が手厚い病院ほど低い傾向が見られた。
 さらに立地別では、「政令指定都市・東京23区」が常勤看護職員14.6%、新卒看護職員9.5%で共に最も高かった。一方、「過疎地域」ではそれぞれ8.2%、6.4%だった。

 小川常任理事は会見で、常勤看護職員の離職率が減少した理由として7対1入院基本料の導入などの影響を挙げたものの、「十分に分析し切れていない」と述べた。

■教育研修体制整備の病院、「新卒の離職率低い」
 新卒看護職員の教育研修体制の整備状況を見ると、(1)看護部門での教育研修責任者(2)病棟・外来での教育研修担当者(3)新卒看護職員研修の企画・評価組織(委員会など)―のいずれも配置・設置している病院は39.6%で、いずれも配置・設置していない病院は19.7%だった。また、いずれも配置・設置している病院の新卒看護職員離職率は8.8%、いずれも配置・設置していない病院では13.4%だった。これについて日看協では、すべてが整備されている病院では「離職率が他に比較して低い」と指摘している。
 いずれも配置・設置していない病院約2割について洪愛子常任理事は、厚生労働省が来年度予算案に盛り込んでいる「新人看護職員研修事業」の利用などによって導入が進むよう、都道府県看護協会と共に引き続き働き掛けや情報提供を行っていく考えを示した。


【関連記事】
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱
72時間ルールの緩和措置、「極めて遺憾」―日看協
「課題は看護職の離職対策」―09年回顧と10年の展望 日本看護協会・久常節子会長
看護職員の需給見通し、来年3月に速報値を報告―厚労省
常勤看護職の離職率が微増傾向

和解勧告受け「一日も早い実現を」−全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
需要予測達成8空港のみ=国内旅客、9割は下回る−国交省(時事通信)
<雑記帳>アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)
「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
posted by オヤマダ マサオ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑(産経新聞)

 元国会議員秘書が架空の投資話を持ちかけ3千万円をだまし取った事件で、別のコンピューターソフト開発・販売会社元社長(70)からも4千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は11日、詐欺の疑いで、山内康一衆院議員(みんなの党、比例)の元政策秘書、神(じん)武幸被告(48)=同罪で起訴=を再逮捕した。同課によると、神容疑者は容疑を認めている。

 捜査2課の調べによると、神容疑者は衆議院議員会館の山内議員事務所などで元社長と面会し、「事務所が一時的に資金繰りに行き詰まっている」「自分が運営している投資事業組合に3億円が入金されるので、(運営資金を)貸してほしい」などと偽り、平成20年2〜3月、2回にわたり、計4千万円をだまし取った疑いが持たれている。

 捜査2課によると、神容疑者が説明した投資事業組合は架空で、組合に関する偽の契約書を示すなどして元社長を信用させていた。神容疑者はだまし取った金の大半を借金の返済などに当てていたという。

【関連記事】
山内議員元秘書を再逮捕へ 新たに4000万円詐取容疑
「オーシャンズ11」に憧れるも… 詐欺容疑の国会議員元秘書
「人を見る目なかったと反省」 元秘書逮捕で山内議員がコメント
政策よりも金策…詐欺容疑で逮捕の元政策秘書、身分をフルに悪用
山内議員元秘書を逮捕 警視庁 3千万円詐取容疑

<普天間移設>「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に(毎日新聞)
<雑記帳>刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で−自民・舛添氏(時事通信)
<スカイマーク>国交省、特別安全監査始める(毎日新聞)
第39回フジサンケイグループ広告大賞(5)(産経新聞)
posted by オヤマダ マサオ at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)

 三陸沿岸に深刻な被害をもたらしたチリ大地震津波は6日、発生から1週間がたつ。養殖業を中心とした漁業被害額は宮城、岩手両県の5日までのまとめで、計約18億1000万円。全国有数の生産力を誇る豊かな海には被害を受けた養殖施設が、回収しきれないまま大量に漂っている。

 両県のまとめ(5日現在)によると、水産業への被害額は岩手が16億8390万円、宮城が1億2800万円。宮城では養殖施設の大規模な流出や漂流が確認された気仙沼市、塩釜市の被害算定が残されているため、被害額は今後、さらに十数億円規模で増加するとみられる。

 被害施設の回収・撤去作業は、津波にあおられたロープが海中で複雑に絡み合い、時間がかかっている。スーパーなどを中心に被災地域のホヤやカキを買い取り、漁業者を支援する動きも広がっているが、漁業者が高齢化する中、生産再開には長く険しい道のりが続く。


フィリピン残留孤児 日本で戸籍確認 作成却下後では初(毎日新聞)
<ひき逃げ>91歳男を逮捕 女性はね重傷負わせ逃走 熊本(毎日新聞)
<虚偽表示>健康食品ネット販売の320社を指導 消費者庁(毎日新聞)
春の大雪、通勤の足直撃 仙台24センチ(河北新報)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
posted by オヤマダ マサオ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。